噛み合わせを直す方法

歯磨きの仕方

歯科の治療で入れ歯の処置を行うことは良くあります。入れ歯はいつの時代からあったのでしょうか。実は入れ歯はかなり昔からあったのですが科学が発達した昭和の時代に入れ歯の技術は進化します。特にプラスティックが発明されたことは大きな変化をもたらしたようです。昭和10年代にドイツでアクリル樹脂の入れ歯が開発されました。それまではゴム床のものを使用されていましたが、アクリル床樹脂にすることで天然の歯肉と調和するようになり見た目に違和感がなくなってきたのです。昭和50年代以降になるとポリスルフォン樹脂などの新しい素材が出てくるようになるのです。 このようにして入れ歯の技術は発展してきました。現在では入れ歯に代わる歯科の治療法としてインプラント治療に注目が集まっているようです。

今では多くの歯科医院でインプラント治療を行っております。そのため多くの人にインプラント治療が認知されてきているのではないでしょうか。今もインプラント治療は進化を遂げているようです。今後インプラント治療はどのようになってくるのでしょうか。 インプラント治療のメリットといえばその噛みごたえが取り戻せることにあります。つまりよく噛むことが出来るということです。近年では老年の歯科医学会でインプラントが注目されているのですが健康長寿に咀嚼が関係しているのではないかといわれているのです。また咀嚼と認知症にも関係があるのではないかともいわれており、インプラントは噛み合わせを維持する選択肢として老人の健康を救う存在になる可能性もあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加